アメックスセンチュリオンのインビテーション条件を徹底的に調べてみた

こんにちは。ラマです。

クレジットカード最高のステータスといえば、アメリカンエキスプレスのブラックカード(=センチュリオン)ですよね。

券面のデザインが黒色をしていることからブラックカードと呼ばれるこのカードは、ステータス目的でカードを持っている人であれば誰もが一度は憧れるカードです。

かくいう私も、どうしてもアメックスのブラックカード(センチュリオンカード)がほしい!!と思い続けて早5年。。。

本当に私のような一般ピーポーがアメックスブラック(センチュリオン)を持つことは可能なのか?

非公開となっているその条件を徹底的に調べてみました。

自分自身が取得するために、備忘録的にまとめてみたので同じくアメックスブラックを目指す同志は参考にしてみてください!

ネットの情報&センチュリオン保有者の証言から見えてくる驚愕の条件

アメックスのカードには、プロパーカードであるグリーン、ゴールド、プラチナ、ブラック(センチュリオン)があります。

そのなかでも、プラチナとブラック(センチュリオン)についてはインビテーション(招待)制となっており、その条件は一般公表されていません。

しかし、ブラックカードのインビテーションが実際に届いたという人の証言を基に考えてみると、ある程度の基準や条件というものが見えてきます。

利用額に関する条件

カード会社からすれば、乗客にこそインビテーションを送りたいと考えるもの。

そう考えると、利用額は非常に重要な指標になります。

アメックスセンチュリオンともなるとその利用額条件は異常で、平均するとおよそ年間5,000万円前後といわれています。

年間5,000万というと、月平均およそ420万円を決済していることになります。

く、クレイジーですね。。。笑

しかも、最近はアメックスもセンチュリオンの入会者をかなり絞っているようで、年間1億円以上の決済でやっとインビテーションが届いたという人もいるほど。

ここも明確な基準はないようですが、年間1億円前後の決済を目標にするといいようです。

年齢に関する条件

アメックスセンチュリオンの入会基準に、年齢は設けられていないと考えられています。

というのも、30代でインビテーションが届いたという人はもちろんのこと、20代でブラックホルダーという人も多くいます。

実際、私の知り合いにも20代でアメックスセンチュリオンを持っている人がいます。

この人は28歳でアメックスセンチュリオンのインビテーションが届いたようで、私が知る限りではもっとも若くインビテーションを獲得した人です。

アメックス歴に関する条件

信頼関係を結ぶためには、時間も重要です。

一般的にも、センチュリオンのインビテーション獲得のためにはプロパーカード(グリーン、ゴールド、プラチナ)時代の通算利用年数が重要だといわれています。

ただ、個人的に調べた結果から判断すると、この通算利用年数はそこまで重要じゃないのではないか?と思っています。

理由としては、『実際にアメックスセンチュリオンのインビテーションが届いた人のなかでも、利用年数にかなりのばらつきがあるから』です。

私の実際の知り合いでアメックスセンチュリオンを持っている人は3人います。

この3人のアメックス歴を聞いてみると、それぞれ15年、9年、3年ということでした。

ネットで調べてみると、プラチナになってから1年経たずしてインビテーションが届いたという人もいるみたいです。

実際、社会的地位やほかの条件なども加味され、総合的に判断されるので、この利用年数はそこまで重要というわけでもなさそうです。

用途に関する条件

巷で言われている通説に、『コンビニやスーパーなど、庶民的な場所での決済はやめておいたほうがいい』というものがあります。

アメリカンエキスプレスとしては、ラグジュアリーで余裕のある生活をしている人にセンチュリオンを持ってほしいと考えているから、コンビニやスーパーなどの庶民的なところで使うと印象が悪くなるからというのが理由です。

しかし、アメックスセンチュリオンについて詳しい人たちの見解では、この説は間違っているという意見が大半です。

というのも、アメリカンエキスプレスは生活に根付いた存在になりたいということを昔から公言しており、さまざまな日常的な支払いをアメックスでまとめてもらいたいという趣旨の発言もしていました。

また、実際にインビテーションが届いたという人に話を聞くと、当然割合的には少ないもののコンビニやスーパーなどでもプラチナ時代に決済していたと言っています。

このようなことから考えても、庶民的なところで使ったからと言ってマイナスイメージになるということはないのではないか?と考えています。

ただし、ビジネス目的での用途が明らかな場合にはインビテーションが届かないという説はあります。

例えば、宣伝広告費やコンサルティング費用などですね。

会社経営者の場合、こういった経費を決済すれば月数千万円の決済も夢ではありませんが、このような用途で多額を使ってもインビテーションの対象にはならないというのが定説です。

職業に関する条件

高ステータスカードということもあって、センチュリオンを保有するためには『どのような職業で収入を得ているのか?』ということも重要なのではないか?といわれています。

収入が高かったとしても、暴力団などの反社会的勢力や犯罪などに手を染めている人たちがカードを保有した場合には、アメリカンエキスプレスとしても評判に悪影響が出るため、収入源を見ているのは間違いないでしょう。

ただし、一般的に言われているような『大企業の役員でなければならない』や『超有名企業のエリートでなければならない』などの基準はないと思われます。

というのも、私の知り合いには、従業員10人以下の会社の代表でアメックスセンチュリオンを持っている人がいます。確かに稼いではいますが、10人以下の会社はどう考えても中小企業。会社自体に信用力があるとは思えません。

一方、ネットなどでもさまざまな職業の人がセンチュリオンのインビテーションをもらったという証言があります。

実際、個人投資家として有名なcis氏もセンチュリオンの保有者です。

このことから、犯罪などに関連するような職業でない限りは問題ないといえるでしょう。

職業に関しては一般的な認識よりも遥かに基準は低いと言えます。

以上の条件から見えてくるアメックスセンチュリオンの取得方法

私の周りの証言や、ネットでの口コミ・体験談などを見てきましたが、ここから見えてくるアメックスセンチュリオンの取得方法をまとめておきます。

利用実績をとにかく積むこと

センチュリオンのインビテーションをもらう上で、もっとも重要なのは利用実績だといえるでしょう。

どれだけ素晴らしい地位にいる人でも、アメックスプラチナの段階で利用実績を多く積んでいなければインビテーションは来ません。

2017年~2018年の口コミによれば、年間3,000万円の決済でインビテーションが送られてきたという人が多くいましたが、2019年現在ではかなり金額が上がり、1億円以上の決済でやっと来たという口コミを多く見ます。

そこで、年間3,000万円~4,000万円の利用が最低条件であり、なおかつ年1億以上の決済があればインビテーションは濃厚だといえるでしょう。

プラチナコンシェルジュを頻繁に利用すること

意外に思われるかも知れませんが、実はコンシェルジュの利用もインビテーションをもらうために大切な条件の1つとされています。

具体的な理由は定かではありませんが、一般的には『富裕層であることをアピールできるから』などと言われています。

本当の理由はアメリカンエキスプレスにしか分からないのですが、インビテーションを実際に貰った人の共通点を洗い出してみると『コンシェルジュをよく使っていた』という共通点があるようなんです。

そもそもプラチナの最大のメリットがコンシェルジュデスクなので、これを使わないのは逆にもったいないですよね。

センチュリオン会員に定員があるという説は本当か?

一説によれば、アメックスセンチュリオンは会員数に上限を設けており、その会員数は日本で3,000人ともいわれています。

これは『いくら決済しても全くインビテーションが送られてこない』という口コミなどが発端となり、出てきた説なのですが、一般的にはこの説を信じる人は多いようです。

確かに、年収条件や利用額、属性などはほぼ同じなのにもかかわらず、インビテーションを貰える人と貰えない人がいるのは事実です。

これもアメックスのみが知るところではありますが、個人的には定員制の可能性はあると思っています。(センチュリオンのコンシェルジュサービスの充実度を考えても納得いくところです)

新規発行されていないという噂についても調べてみた

あまりの取得難易度の高さに、ネットなどでは『現在は新規発行されていないのではないか?』という噂もでてきています。

確かに、口コミなどを中心に調べてみると、2011年~2012年くらいにかけて、ぱたりとインビテーションの獲得報告が無くなるのです。

2011年より前には多くのインビテーション報告があったのにもかかわらず、近年はほとんど報告がないことから、この噂が出てきたわけですね。

ただ、人数はかなり絞られているものの、今でも新規発行されていないというわけでは無いと思われます。

というのも、実際に2017年にインビテーションを獲得したという人の口コミが存在しており、2019年現在も新規発行は続いていると見るのが自然といえるでしょう。

なかなか厳しい。。。でも諦めないっ!!

ここまで書いてみて、自分自身でも驚愕するほどの条件でした。笑

正直、利用額だけを見てみても、普通の仕事をしていては決して支払うことが出来ない金額になっています。

その他にも、明らかに経費として分かるものを決済するとインビテーションは届かないということから、あくまでも個人的な支出として最低年間3,000万円以上が必要になってくるわけです。

これを考えると、想像を絶するほどの難易度ですね。。。

ただ、アメックスのブラックってステータスの象徴ですし、男なら1度は憧れる夢のような存在でもありますよね。

難しいのは覚悟の上ですが、ここまで詳細を知ってみても、やはり諦められません!

どうにかしてインビテーションを獲得したいものです。

晴れてインビテーションが来た日には、写真付きで詳しく紹介したいと思います(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です